クールなデザインの折りたたみ自転車 ストライダ


strida LT

ストライダはイギリス生まれの折り畳み自転車です。1987年に誕生してから世界の多くの国で販売されています。

ベルトドライブ

st2

strida LT

ベルトドライブのミニベロ

ストライダはチェーンでは無く、ベルトドライブを採用しています。

ベルトドライブのミニベロは国内では珍しいです。ブリヂストンが過去に販売していましたが、現在のラインナップには無いです。

カバーのないスマートなデザイン

ベルトの部分にカバーがありません。見た目もシンプルです。

ベルトドライブ自転車ではこのようなカバー無しタイプがよくあります。チェーンのように油がつくことは無いのがいい点です。

また、ベルトドライブの特徴でもある静かさ・静音性もあるので、とても快適なドライブが楽しめるミニベロがストライダです。

折りたたみ自転車


strida LT

小さく折りたためて軽い

ストライダ折りたたみ自転車です。ミニベロではよくある機能です。

ストライダの重量は10kg程度。

ミニベロとしてもそこそこ軽いほうです。持ち運びには十分な重さですね。

スポーツサイクルを輪行している人を電車の中などで見かけますが、そのようなスポーツバイクと重量は同じぐらいです。

非常に小型なので専用バッグにしまえば、自転車が入っているとは誰も気付かないでしょう。


電車で運ぼう

ストライダは気軽に電車・バスで自転車を運ぶという選択肢を与えてくれますね。

分解、組み立ても慣れれば数十秒で出来るようになります。特に面倒なこともありません。

専用のバッグも別売りですが販売されています。

また、折りたたんだ状態でスーツケースのように引っ張っていくことも可能です。

独特のフレーム

クールでかっこいい

ストライダのフレームは三角形で独特な形。

デザイン優先のおしゃれでかっこいいミニベロです。街乗りなどをするとちょっと目立ちます。

この独特のフレームのためにストライダは乗り心地がちょっと悪くて、クセがあります。この乗り心地に慣れるのにちょっと時間がかかるでしょう。長時間の運転がつらいのが欠点です。

バランスも安定しない

また、乗ったときのバランスも悪く、ハンドリングが安定しにくいです。

これも慣れの問題なので載っているうちに慣れるでしょう。

デザイン優先のストライダ。人とはちょっと違った自転車が欲しいという人にはオススメです。

スピード

STRIDA(ストライダ) LT 折りたたみ自転車 16インチ ディスクブレーキ ブラック

strida LT

スピードは出しにくい

ストライダは独特の形状のため安定感に欠けています。フレームのところで書きました。

慣れた人でもスピードを出しすぎるのはちょっと危ないです。

また、ほとんどのモデルに変速機がついてません。

ストライダはスピードを出して走るタイプの自転車ではないですね。

変速機のついたモデルもある

変速機のついたモデルもあります。STRIDA EVOには3段変速がついてます。

ただ、ギア比もそれほど大きくはないためスピードには期待できないです。

やはり、ストライダは街乗りでゆっくりと走るタイプの自転車です。

ラインナップ

ベーシックタイプのLTがオススメ

ストライダのラインナップです。

EVO5.0SESXFIRE WORKLT
ホイール18インチ16インチ18インチ16インチ16インチ
重さ13kg10.6kg11kg10.2kg10.2kg
変速機3段変速無し無し無し無し
定価14万円10万円10万円6.2万円6万円
備考唯一、変速機あり
最高級モデル
限定モデルハンドルとサドルに革を使用
レトロなモデル
限定モデルベーシックモデル
色が豊富

STRIDA LTが一番ベーシックな基本となるモデルですね。

>>ストライダ公式サイト

>>アマゾンでストライダの値段を調べる

>>楽天でストライダの値段を調べる

サブコンテンツ

このページの先頭へ